サーチュイン遺伝子でダイエットできる

サーチュイン遺伝子って聞いたことありますか。サーチュイン遺伝子は何にもしなければ活性化されません。サーチュイン遺伝子が活性化されると、筋肉の遅筋にあるミトコンドリアの量が増えます。ミトコンドリアは脂肪をエネルギー源にするので、ダイエット効果が出てきます。

それでは、サーチュイン遺伝子を活性化する方法を紹介します。

1 1日の摂取カロリーを約70%に抑える

サーチュイン遺伝子は、摂取カロリーが減ると活性化します。空腹の状態を1時間くらい作るようにしましょう。空腹状態だと記憶力が向上するそうです。


2 サートフード食材を食べる

サートフードを食べるとサーチュイン遺伝子が活性化します。サートフードを食べると、脂肪が燃焼されてダイエット効果が上がります。
主なサートフード
リンゴ
赤ワイン
玉ねぎ
ココア
そば
パセリ
ブルーベリー
いちご
ブラックコーヒー
抹茶
緑茶
クルミ
オリーブ
オリーブオイル
大豆食品
味噌汁
ケール
ダークチョコレート
ウコン

3 レスベラトロールという物質

レスベラトロールを摂取すると、サーチュイン遺伝子を活性化します。レスベラトロールは食材から摂取するのは難しいので、サプリメントで摂取しましょう。
スポンサーサイト



[ 2021/09/13 20:42 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する