冬期うつ病の症状と対策

寒くなってくると、気分が落ち込んでくることってありませんか。それは冬季うつの症状かもしれません。

冬季うつ病の原因

冬の日照時間の減少が原因であると考えられています。日照時間が減ると脳内のセロトニンという物質が減少し、気分が落ち込んだり、睡眠に関係するメラトニンが減少することで、睡眠が不安定になります。メラトニンを分泌するためには、昼間にセロトニンを分泌しなくてはいけません。


冬期うつ病の症状

気分が落ち込んだり、疲労感が抜けない、だるい、昼間の眠気、
過食(特に炭水化物を取りすぎる)、過眠、人間関係が面倒になる、などの症状が代表的なものです。


冬期うつ病の対策


1.日の光を浴びる

なるべく午前中に散歩をしたり、朝食を屋外で済ませたりします。朝に強い光を浴びることによって、体内時計がリセットされます。

2.トリプトファンを摂取する。

トリプトファンはセロトニンの原料になる必須アミノ酸です。セロトニンは別名幸せのホルモンとも呼ばれ、気分の落ち込みを解消してくれます。トリプトファンは、バナナ、チーズ、牛乳、アーモンド、牛肉、豚肉、カツオ、マグロ、豆類に多く含まれています。

3.一定のリズムの運動をする。

散歩、ジョギング、自転車、スクワット、ガムを噛むなどがリズムの運動です。一定のリズムを繰り返す運動はセロトニンの分泌を増やします。

4.生活リズムを整える。

夜寝るのが遅くなっても、朝起きる時間は変えないようにする。
睡眠時間が足りないときは昼寝などで調節しましょう。


さいごに

冬は寒さが体調不良やストレスの原因になります。規則正しい生活をして、こまめに日光浴をして、冬季うつを予防して快適な生活にしましょう。
スポンサーサイト



[ 2021/09/16 21:36 ] 病気 | TB(-) | CM(0)

ぎっくり腰になったら、知っておきたい対処法

ぎっくり腰になったことありますか?とても痛くて大変ですよね。ぎっくり腰は中高年の方がなりやすいですが、若い方もなることがあるので十分に注意をしましょう。それではきっくり腰の原因と対処法を紹介します。


ぎっくり腰の原因

原因は今のところはっきりとしたことは分かっていません。悪い姿勢や腰の筋肉が固くなったことが原因ではないかといわれています。


ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰になったらどうすればいいのでしょうか。「RICE(ライス)処置」をすると回復しやすくなります。RICE処置は Rest(安静) Icing(冷却)Compresshion(圧迫) Elevation(挙上) のことです。患部を冷やすことが大切です。

Rest(安静)

楽な姿勢で安静にします。腰の腫れを防ぐことが目的です。

Icing(冷却)

患部をビニール袋に入れた氷、氷嚢、保冷剤などでで冷やします。炎症の悪化を防ぐことが目的です。

Compresshion(圧迫)

包帯やテーピングで弱めに圧迫して固定します。この時に患部を圧迫しすぎないように気を付けます。腰の腫れを防ぐことが目的です。

Elevation(挙上)

腰を心臓より高い位置になるようにします。血液の流れを少なくすることで腰の腫れを防ぎます。


ぎっくり腰の予防法


1.ストレスをためない

ストレスが多いと交感神経が優位となり、筋肉が緊張して腰の血流が悪化する。

2.正しい姿勢を心掛ける

姿勢が悪いと腰に負担がかかり筋肉が固くなります。

3.ストレッチをする習慣をつける

筋肉のコリをほぐします。

4.運動をする

運動不足だと血液循環が悪くなり老廃物が蓄積されます。

[ 2021/09/15 21:15 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

筋トレした後の吐き気の原因と対処法

ハードに筋トレした後に吐き気を催したことはありませんか。なぜ筋トレをしたくらいで吐き気が起こるのでしょうか。筋トレした後の吐き気の原因と対処法を紹介します。


筋トレした後の吐き気の原因

主に酸欠が原因です。ハードな筋トレをすると、脳や胃腸に行くはずの血液が筋肉に回ってしまうと、脳や胃腸に行くはずの血液が減ってしまい一時的に酸欠の状態になってしまいます。脳が酸欠なると吐き気を催したり気分が悪くなります。胃や腸は血液が足りなくなると消化不良を起こします。
この症状は運動後低血圧と言って誰でもなる可能性があることなので、気にすることはありません。


筋トレした後の吐き気の対処法

1.筋トレ中にしっかり呼吸をする。

筋トレ中に息を止めてはいけません。アームカールだったら、ダンベルを上げるときに息を吐きながら上げ、下すときに息を吸いながらダンベルを下ろします。しかっり呼吸をしましょう。

2.インターバル(休憩)を長めにする。

インターバルを長めにとれば、酸欠になることを防いでくれます。休憩中にしっかり深呼吸をする習慣をつけると良いです。

[ 2021/09/14 20:09 ] トレーニング | TB(-) | CM(0)

サーチュイン遺伝子でダイエットできる

サーチュイン遺伝子って聞いたことありますか。サーチュイン遺伝子は何にもしなければ活性化されません。サーチュイン遺伝子が活性化されると、筋肉の遅筋にあるミトコンドリアの量が増えます。ミトコンドリアは脂肪をエネルギー源にするので、ダイエット効果が出てきます。

それでは、サーチュイン遺伝子を活性化する方法を紹介します。

1 1日の摂取カロリーを約70%に抑える

サーチュイン遺伝子は、摂取カロリーが減ると活性化します。空腹の状態を1時間くらい作るようにしましょう。空腹状態だと記憶力が向上するそうです。


2 サートフード食材を食べる

サートフードを食べるとサーチュイン遺伝子が活性化します。サートフードを食べると、脂肪が燃焼されてダイエット効果が上がります。
主なサートフード
リンゴ
赤ワイン
玉ねぎ
ココア
そば
パセリ
ブルーベリー
いちご
ブラックコーヒー
抹茶
緑茶
クルミ
オリーブ
オリーブオイル
大豆食品
味噌汁
ケール
ダークチョコレート
ウコン

3 レスベラトロールという物質

レスベラトロールを摂取すると、サーチュイン遺伝子を活性化します。レスベラトロールは食材から摂取するのは難しいので、サプリメントで摂取しましょう。
[ 2021/09/13 20:42 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)

観葉植物の葉のホコリのとり方

観葉植物の葉にホコリがついて見栄えが悪くなることってありますよね。放っておくと、植物が呼吸できなくなるかもしれません。そこで葉の汚れの取り方を紹介します。
1 水拭きをする。拭くものは、タオル、ウェットティッシュ、ペパータオルなど、好きなもので拭いてください。
2 軍手で、拭く。軍手をはめて、葉を丁寧に触っていれば、自然にホコリが取れます。よりきれいにしたければ、軍手を濡らして、葉を触れば、水拭きになります。
3 クエン酸水を葉に吹きかけ、ウェットティッシュなどでやさしくふき取る。クエン酸水は、スプレーボトルにクエン酸を小さじ1/2と水を100ml入れて作ります。クエン酸には防虫効果とつや出し作用もあるので一石二鳥です。またタバコのヤニ汚れにも効果があります。
[ 2021/09/12 21:15 ] 観葉植物 | TB(-) | CM(0)